積読バベルのふもとから

日々積み上がる積読本に挑むラノベ読者の雑記

【6月発売】期待の新作ライトノベル紹介!!

ここ数年、コミケのお知らせ更新でしか使っていなかった本ブログですが、
「コツコツと更新をしよう!」と思い立ち、心機一転再スタートすることにしました。

今回は6月に入ったということで、
6月発売の期待の新作ライトノベルをまとめてみました!

星空の下、君の声だけを抱きしめる (講談社ラノベ文庫)

【あらすじ】

小説が書けない文芸部員・シュウ。
ある日、彼のスマホに、詠名という少女から謎のメッセージが届く。
きっと悪戯だろう――はじめはそう流していたシュウ。しかし、
[もうダメだ。死のう]
送られてきたそんな言葉に、死ぬな――と思わず反応してしまったことから、メッセージを介しての、シュウと詠名の交流が始まった。
互いの趣味である小説の話などを通じて、親しくなっていく二人。
だが、いざ二人が実際に会おうとしたとき、衝撃の事実が判明する。
詠名が生きているのは――現代ではなく、なんと五年前だったのだ!
五年ぶんの夜にさえぎられた、時を超えた二人の恋愛の行方は……!?

美和野らぐ先生の透明感のあるイラストでグッと引き寄せられる!
時間モノ+純愛オーラが凄まじい本作。
時間差の交流だと、『オーロラの彼方へ』を思い出します。あちらはサスペンス要素もありますが。
時間モノは中盤までの展開は予想できますが、
ラストの締め方が爽やかなになるか、ちょっと切なげになるかで評価が分かれそうです。
すでに発売しているので、優先して読みたいと思います!

地球最後のゾンビ -NIGHT WITH THE LIVING DEAD- (電撃文庫)

【あらすじ】

終末の世界で出会ったのは、笑顔が似合う死者の少女――。

全世界を襲ったゾンビパンデミックから5年後――、人類はほぼ全滅していた。
荒廃した東京をひとりさすらう少年ユキトはある日、「死ぬまでにやりたい10のこと」のため北海道を目指し旅をしている少女エコと出会う。
いつも笑顔で明るい彼女だが、その正体は他に例のない“ゾンビ化していないゾンビ”だった。
彼女の死を見届けるため、人類の敵とふたり旅に出ることにしたユキト。決意を胸に、朝日とともにいざ出発しようとするとエコがかわいく抗議の声を上げた。
「ゆっくんは、デリカシーがないなあ。支度はすぐだけど、昼間は出たくないの」
尖った口先が、つまらなそうに続ける。
「腐っちゃうから」

第21回電撃小説大賞≪大賞≫鳩見すた × 第24回電撃イラスト大賞≪銀賞≫つくぐの受賞者コンビが贈る、
愉しくも切ない、夜の旅路の物語――。

みんな大好き終末放浪モノっぽい雰囲気満々!
ほのぼのした序盤からの切ない終盤を期待しちゃいます。

電撃文庫でこのタイプだと『旅に出よう、滅びゆく世界の果てまで。』なんかが思い出しますね。
『この大陸で、フィジカは悪い薬師だった』の鳩見すた先生ですので、期待度はかなり高いです!

百神百年大戦 (GA文庫)

【あらすじ】

神VS神!天地鳴動バトルファンジー開幕!

数多の神々が互いの覇を争い、力の源泉《龍脈》を巡って果てなき大戦を続ける世界、タイクーン
そんな戦乱に関知せず、自堕落に暮らす神がいた。
名をリクドー。少年の姿に"剣"の真名を持つ、最古の神の一柱。
若き神々からは「中身、枯れたオッサン」と侮られるも、
十大龍脈ヴェステル火山を根城とする彼の、本性を知る古き神々は言った。

「あの男こそ最も油断ならぬ腹黒狸」

そして今――リクドーは雌伏の時に別れを告げる!
立ちはだかるは軍神ミヒャエル。名だたる神々の殺戮者にして、大陸一つをも支配する宿敵の覇権を、いざ阻止せん!!
これは智勇以て天地鳴動の大戦に斬り込む、最古の少年神の最新神話。

聖剣使いの禁呪詠唱』が完結するのとスイッチするように新シリーズスタート!
『我が驍勇にふるえよ天地』が魔法なしの戦記物でグイグイ面白い中、
神話の大戦的な物語を並行して書くのは凄い…!
しかも、あらすじから漂う、主人公がダラけた感じからの超有能オーラが堪らないですね。
爽快感のある俺TUEEE!に期待大!

ピンポンラバー(ガガガ文庫

【あらすじ】

卓球エリートが集う学園で頂点を目指す!

かつて天才卓球少年と呼ばれた飛鳥翔星は、怪我のため卓球界から姿を消した。それから数年後、私立卓越学園の入学式に彼の姿があった。
そこは日本全国から集まった卓球エリートたちがひしめく最高峰の学園。翔星がこの学園に進学した目的は小学生時代に唯一敗北を喫した名も知らぬ少女を見つけ出し、そして勝利することにあった。
だが、入学初日にして彼は本物のエリートによる厳しい洗礼を受けることになる。
一年生最強の女子・白鳳院瑠璃に、怪我をしていた膝の弱点を見抜かれ、あっけなく敗北してしまう。敗北しうなだれる翔星に、瑠璃は「あなた、私のパートナーになりなさい」と告げる。彼女の目的は、才能のある彼とダブルスを組み、これまで一度も勝てたことのない相手、姉の紅亜を負かすことにあった。そして、その紅亜こそが、翔星が捜し求めていた、あの日の少女だったのだ。
学園最強女子・紅亜という共通の敵を倒すため、翔星と瑠璃は共闘関係を結ぶことになるのだが……。
その身を焦がすほどに卓球を愛し、すべてを捧げた少年の燃えるような青春。第12回小学館ライトノベル大賞・優秀賞受賞作。

第12回小学館ライトノベル大賞・優秀賞受賞作ということで期待が高まる本作。
ガガガ文庫の受賞作品はどれも味があってたまらんのです。
しかも、題材が卓球という渋さ(失礼
卓球は一球一球の勝負なので、文章化したときにかなり熱いシーンが期待できそうです!

表紙も公開されましたが、かなり独特な雰囲気ですね~
実にガガガ文庫っぽい…!
小学館::ガガガ文庫:刊行予定

オタギャルの相原さんは誰にでも優しい (MF文庫J)

【あらすじ】

「相原さんは誰にでも優しい。だから、おれにも優しい――それだけのことだ」
登場人物全員オタクの日常系オタラブコメ開始!

まだ表紙もあらすじもほぼ無い状態ですが、
明らかに今流行のギャルモノですね!(ほんと、オタクってギャル好きだよね~)
個人的にも『やんちゃギャルの安城さん』『ギャルごはん』なんかの漫画作品がツボでして、
ラノベでもこの系統は気になる所。
著者は『おれと一乃のゲーム同好会活動日誌』の葉村哲先生。
ゆるい日常+甘酸っぱいラブコメを読ませてくれるのを期待したいところですが、どうなるか!


ひとまず、5作品のほどピックアップしてみました!
参考にしていただければ幸いです。

新作ラノベは初動が命なので、
コツコツ事前情報をまとめて、ブログにアップしていきたいなぁと思っています。
個別タイトルの感想もポツポツ続けていく予定です(予定です

それでは!

【C93告知】「俺が選ぶライトノベル傑作選 総集編」を頒布します!

めちゃくちゃ久しぶりの更新になります!

夏に引き続き、コミックマーケット93にサークル参加いたしますので、

その告知になります!!

 

f:id:yuki_tomo624:20171228220210j:plain

 

f:id:yuki_tomo624:20171228221407j:plain

f:id:yuki_tomo624:20171228220218j:plain

 

これまで出したVol.01~03までの情報を最新版にアップデートした総集編に、

アニメ化作品の特集や、新作情報を載せた完全版です!

Vol.01はレイアウトを現行版にリファインしています。

80ページと大ボリュームなので、読みたいラノベが必ず見つかる!(はずです)

 

3日目東地区ナ-48bでお待ちしております!

ぜひ、サークルスペースにお立ち寄りください!

 

ではでは!

 

【C92】「俺が選ぶライトノベル傑作選Vol.03」を頒布いたします!

めちゃくちゃ久しぶりのブログ更新です!

 

今年のコミケにもサークル参加いたします!

冬に引き続き、「俺が選ぶライトノベル傑作選Vol.03」を頒布いたします。

 

スペースは「3日目 東V53b」になります!

お誕生日席で、ラノベハスラーさんの隣でダラダラとしております。

 

以下、お品書きと内容紹介です。

f:id:yuki_tomo624:20170806204136j:plain

f:id:yuki_tomo624:20170806204139j:plainf:id:yuki_tomo624:20170806204422j:plain

 

そこそこ情報密度の高い同人誌にできたと思います!

部数は前回よりも多めに刷りましたので、完売することはないかと…!

既刊に関しては、見本のみ持って行きます!

 

お目当てのサークルさんを回った後に、気が向いたら、是非いらっしゃってください!

同人誌をつまみに、最近のラノベトークができると嬉しいです。 

 

それではでは!

 

 

 

【C91】コミケ3日目にラノベ紹介本「俺ラノVol.2」を頒布します!

夏コミに続き、冬のコミックマーケット91にて

「俺が選ぶライトノベル傑作選Vol.2」を頒布します!!

お品書きはこんな感じです↓↓

f:id:yuki_tomo624:20161224220233j:plain

内容はこんな感じです↓↓

f:id:yuki_tomo624:20161211174247j:plain

<コンテンツ>

~特集~ 思わず手に取る 素晴らしきイラストの世界
・2016年作家デビュー オススメ作品
・かけがえのない青春ストーリー
・今、熱いファンタジーラノベ
・働く大人は格好いい!? お仕事モノ作品
・手軽に読める傑作単巻ラノベ
・珠玉の傑作

 

メイン紹介20作品+サブ20作品 の約40作品のラノベを紹介。

2016年に新刊が出たものが多い配分となっています。

夏よりも4ページ増の28ページ、フルカラーとなっているので、

ある程度ボリューム感はあるかな、と思います・・・!!

 

夏コミに出した「Vol.1」に関しては、情報が古くなってしまっているので増刷しませんでした。

なので、見本誌は持っていく予定ですが、頒布は新刊のみになります。

 

サークルスペースは「3日目 東U59a」

夏に続き、ラノベハスラーさんのお隣になります!!

ラノベレビューを行っているサークルさんが集まっているようなので、

ラノベ好きの方はぜひお立ち寄りくだされば幸いです!!

 

「君の名は。」を120%楽しむための5つの方法

 

新海誠監督作品 君の名は。 公式ビジュアルガイド

 

絶賛公開中の新海誠監督最新作「君の名は。」。

私も複数回、映画館に足を運ぶ程度にはハマっております。

 

テレビなどでも取り上げられ、更にヒートアップしていく感のある本作。

そこで「君の名は。」を120%楽しむ方法をまとめてみました。

 

 

1、まず普通に1回目を見る。

これは特に語ることはありません。

まず、普通に1回を見ることからスタートです。

事前情報がなくても十分に楽しめるエンターテイメント作品ですので、

特に何もせずに、まずは素直な気持ちで楽しむのが良いでしょう。

 

ちなみに私は色々なバイアスがかかった状態で1回目を見たので、

見終わった後に色々と悶々とすることになりましたが・・・

 

 

2、外伝小説を読む。

正直、これはマストだと言っても良いでしょう!! 

読むのは下記の外伝小説「Another Side:Earthbound」です。

君の名は。 Another Side:Earthbound<君の名は。 Another Side:Earthbound> (角川スニーカー文庫)

君の名は。 Another Side:Earthbound<君の名は。 Another Side:Earthbound> (角川スニーカー文庫)

 

主人公たちの周りを彩るキャラクターたちにスポットを当てた外伝小説です。

短編形式で本編を様々な角度で描きます。

特に三葉の両親の出会いを描く

「あなたが結んだもの」は本編を楽しむ重要な要素を含んでいます。

二人はどうして出会ったのか、なぜ三葉の父はあれほど頑なだったのか、

糸守町や宮水の家系がどのように歴史を紡いできたか・・・

 

本編では部分的にしか表されなかった情報を知ることで、

本編がさらに色鮮やかに、より広がっていきます。

 

 

3、過去の新海誠作品を見る。

 

秒速5センチメートル

新海誠の代表作といっても過言ではない

「秒速5センチメートル」を見ましょう!!

  「君の名は。」と通じる部分の多い作品ですので、

この作品を見ることで 「君の名は。」をより深く楽しめるはずです。

(新海誠ファンは思い入れが深すぎて逆にこじらせますが・・・)

 

秒速本編を見て落ち込んだ方は、漫画版を読むことをオススメします。

という私も最近になって読んだのですが、

漫画版を読んだことで、色々とこじらせていたものから解放されました! 名作です!

秒速5センチメートル(1) (アフタヌーンコミックス)

秒速5センチメートル(1) (アフタヌーンコミックス)

 

 

 

4、雑誌、ムックで制作過程を知る。

ここ数日のうちに色々と出版物が発売されていますが、

個人的には下記をオススメします。

月刊MdN 2016年10月号(特集:君の名は。 彼と彼女と、そして風景が紡ぐ物語 / 新海誠)[雑誌]

月刊MdN 2016年10月号(特集:君の名は。 彼と彼女と、そして風景が紡ぐ物語 / 新海誠)[雑誌]

 

新海誠作品とは切っても切り離せない風景描写、

また、本作で強調されたキャラクター性を制作陣のインタビューと共に丁寧に紹介しています。

ライターの新海誠愛が深いのか、鋭い切り口のインタビューが素晴らしいです。 

MdN自体があまり広く流通している雑誌ではないので、一般の書店だと入手しづらいかもしれません。

Amazonでは9月11日現在は在庫入荷待ちですが、Kindle版もあります。

さらにKindle Unlimited対象商品というありがたさ!!

大きめの端末を持っている方は、電子版で読むのも手ですよ。

 

 

5、満を持して2回目を見る。

サイドストーリーを読み、

過去作品で描かれた物語を体感し、

製作にいたる過程を知った。

様々な理解を積み重ねた2度目の視聴は、1度目を上回る感動が待っているはずです!!

 

恋人と見るもよし!家族と見るもよし!友達と見るもよし!

1人で見るもよし!!!!!

 

ちなみに1人で見終わると、新海誠作品の主人公になった気分になれます。

妙に虚しい感じがね!!

 

漫画版「秒速5センチメートル」を読んで感動した話。「君の名は。」を本当に楽しむことができるようになった話

「君の名は。」の公開・大ヒットに合わせて
新海誠作品が各所で放送されています。


「君の名は。」は凄い良い作品だと思います。
キャラの掘り下げから、最終的な終わり方まで、
徹底的に視聴者を楽しませる作りになっていたと思います。

でも、今までの新海誠作品よりもどうにも心に残らない。
自分は新海誠作品の中で「秒速5センチメートル」が1番好きなのですが、
「秒速5センチメートルへのアンサー作品だ」という感想すらあるのに、どうにも納得出来ない。
今までの新海誠作品とは地続きに感じない。
延長線上にあるようでいて、まったく別物に感じる。

そこで、すごい久しぶりに「秒速5センチメートル」を見ていました。
ああ、やっぱりやるせない作品だ……
あれでも、なんとなく昔と感じ方が違うぞ?
昔はもっと欝になっていたのに、前向きさすら感じる…
なんだこれは……

という感覚に陥って首を傾げている最中、
Twitter上で「秒速のコミカライズ版はいいぞ」という呟きを発見しました。

そういやコミカライズ版は手を付けてねぇなぁ……
と思い、軽い気持ちで電子版を読み始めましたが


なんだこの名作は……

主人公やヒロインたちの感情の流れ、
主人公が吐露する未練など、映画をしっかりと補った内容……
どれをとっても素晴らしい出来でした。

なんてことはない話で
「秒速5センチメートル」という作品は、すでに完成された作品であった。ということです。
自分はずっと秒速を「過去を忘れられない男のやるせない話」と思い、
勝手に報われない話だと思い込んでいました。

が、このコミカライズ版を読んで認識が間違っていたことに気づきました。
「秒速5センチメートル」は過去を受け入れて、一人の男が前を向いて歩いて行く物語であり、
もうすでに完結していた話だったわけです。
他の作品でアンサーを出す必要もなく、ただこれ一つの作品として完成されたものでした。


「君の名は。」は確かに秒速にダブらせるシーンが多いのは確かです。
ただ、決してアンサー作品などではなく、完全に独立した一つの作品であり、
秒速の幻影に惑わされることなく、ただ純粋に「君の名は。」という作品として楽しめば良い。
そう思うと「君の名は。」をもっと純粋な目で見ることができそうです。
2度目の視聴はもっと真っ直ぐな気持ちで見れるかと思うとワクワクしてきます。

とりとめのない話ですが、
「秒速5センチメートル」が好きで、
まだコミカライズ版を読んでいない人は是非読んでみてください!(いまさら)


秒速5センチメートル(1) (アフタヌーンコミックス)

秒速5センチメートル(1) (アフタヌーンコミックス)

秒速5センチメートル(2) (アフタヌーンコミックス)

秒速5センチメートル(2) (アフタヌーンコミックス)

【オススメ紹介】いつかの空、君との魔法 (角川スニーカー文庫) 【★★★★★】

備忘録も兼ねて、最近読んだ作品のご紹介。
基本はネタバレ無しです。

■「いつかの空、君との魔法」


著:藤宮カズキ
イラスト:フライ

<あらすじ>
「あの雲が、本当のことを全部隠してるんだ」
常に上空を覆う雲によって、空の青さを知らない世界。
雲を払えるのは《ヘクセ》と呼ばれる魔法使いの少年少女だけ。
並外れた飛行技術を持つ少年カリムは、幼馴染みで当代随一の《ヘクセ》揺月と再会する。
しかし彼女はある病により、昔とはまるで別人で……?
「高く飛べない」少年と「空でしか生きられない」少女の邂逅が、世界の色を変えていく。


美麗な表紙イラストに惹きつけられ、
引き寄せられるように購入してしまった本作。

第21回[春]スニーカー大賞《優秀賞》受賞作ということで、
新人作家の作品になるわけだが、これがまた完成度が高い高い!

酸素や水のように、人間が生きるために必要な「精霊」と呼ばれる要素を循環させる役割として、
《ヘクセ》と呼ばれる魔法使いが働いている世界観が特徴的。
この精霊や魔法、魔術が社会システムの基盤となっている世界観の描写が秀逸で、情報の出し方が本当に上手い!! 

私はファンタジーモノを読むときに、その世界のルールを受け入れるのに時間がかかるタイプだけど、
序盤の説明だけで物語に没入できた。
「ああ、こういう世界なんだな」というのがスッと喉元を通ってゆく感覚。素晴らしい!

また、主人公とヒロインの過去の確執を軸にした物語は、しっかりとまとまっていて隙がない。
美しい情景を書く描写力も高く、新人作家とは思えない出来。
美麗なイラストと相まって、澄んだ世界観を構築している。
スニーカー文庫は良い新人作家を掘り当てたなぁと感じた。(何様

本作はしっかりと物語を描き切っているので、
次回作がどうなるのか気になるところ。
どことなく「サクラダリセット」の河野裕を想起させられたので、
ライトSFな学園青春モノも合いそうだなぁ……

いつかの空、君との魔法 (角川スニーカー文庫)

いつかの空、君との魔法 (角川スニーカー文庫)