積読バベルのふもとから

日々積み上がる積読本に挑むラノベ読者の雑記

絶園のテンペスト最新6巻読了

今回は軽い更新でー
絶園のテンペスト第6巻読みました〜!!



【このライトノベルが売れて欲しい!】第11回『虚構推理』
ラノニューさんのほうの記事でも取り上げた城平京先生が原作の絶園のテンペスト
アニメ化も決まって、正直戦々恐々としております。

あの終わりどころが見えない物語をアニメでやるには
原作完結とアニメ完結のタイミングを合わせるしかないのでは……?

それくらいに物語がひたすら転調し続ける

はじまりの樹と絶園の樹の争いを中心に展開する本作
何が正しくて、何が間違っているのか?
誰が味方で、誰が本当の敵なのか?

第6巻は進んでいるようで進んでいないようで進んでいる?
といった感じで、世界観の根本として『はじまりの樹』とはなんぞや?
というワールドワイドな問題の推測が始まってしまった!!
面白いんだけど、これどう着地させるの!?

城平作品の持ち味である『仮説のこねくり回し』が本当に面白い!!
本格ミステリ大賞に選ばれたのは驚いたが、それだけ独自の推理が展開する面白さがある!!


なんかもう、予告がぶっ飛び過ぎ
『はじまりの樹は地球外の植物兵器である』説とか……

きっとこの説も覆してくるんでしょうなぁ……次巻も楽しみだ!!

おわり


絶園のテンペスト(6) (ガンガンコミックス)

絶園のテンペスト(6) (ガンガンコミックス)

広告を非表示にする