読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

積読バベルのふもとから

日々積み上がる積読本に挑むラノベ読者の雑記

こんなヒロインはヒドイン。頼むから勘弁して欲しいヒロインの要素

注:若干ディスりぎみな記事です。嫌な人は見ないでね!




ライトノベルでもなんでも
非常に重要なキャラクターといえば、各作品のヒロイン(orサブヒロイン)たち
とにかくヒロインの魅力がなければ、その作品の6割の魅力がなくなったといっても過言ではない!!
今回は、魅力のないヒロイン
通称ヒドインの要素を
個人的にいくつか挙げてた。
おそらく「おいおい、それは魅力だろ? わかってねぇな……」という要素もあると思いますがご容赦を


それではまずは俺が結構苦手とする
さらに、かなりの数のヒロインがこのカテゴリーに入ってしまう要素

1、『理不尽に暴力を振るう』

某クンカクンカスーハースーハーや東京大学に合格しまくる寮に住む、なる何とかさんとかが筆頭
これはマジで勘弁して欲しい
確かに線引きが難しい要素だとは思う
例えば主人公が風呂場に間違って入ってしまい、ぶん殴られるのはセーフだ
それは主人公が悪いからだ

だが、主人公が着替えているのをヒロインが誤って覗いてしまって
それでぶん殴られるのは容赦できねぇ……っ
おいおい、なんで殴るの? 照れ隠しで殴られるこっちの身にもなれといいたい(俺が殴られているわけではないが
しかも、殴ったことに対して謝りもせず、ただただ「アンタのせいよ!」とか言われた日にはたまったもんじゃない
ツンデレの意味を履き違えるのだけは勘弁してもらいたい
ツンデレは免罪符ではありません!



2、『倫理観がめちゃくちゃ、大量虐殺をしても平然としている』

物語の終わり付近で突如として発生する落とし穴
ヒロインはその立ち位置から、極稀に多くの人間を生かすか殺すかの天秤を手に入れてしまうことがある
そして、彼女の手で多くの人間を虐殺してしまうという結果を残す時がある

だが、ここまでではまだヒドインではない
むしろ、この過ちを背負って生きる生き様は格好良くすらある

しかし、この虐殺のあとに、ふっつーに被害者面するか
主人公とイチャラブされた日にはたまったもんじゃない
お前の倫理観はどうなっているのかと言いたくなる、勘弁して欲しい



3、『上っ面な正論しか言わない』

偽善者系ヒロインの初期状態によくあるパターン

ファンタジーモノやバトルモノによくいるタイプ

その多くがヒーラーであることが多い(適当

とにかく正論しか言わない
主人公の行動には逐一正論で反発してきてウザいこと横一列に列ぶ女子の如し



4、『極度の恋愛脳』
某宇宙戦艦に乗ってる某ミスマルなんちゃらが筆頭党首
とにかく主人公ラブすぎて盲目的でヤバイ
主人公が他の女の子と話すだけで、マジギレ
独占欲と自己中心的な存在であり、主人公がイライラするパターンも発生する



5、『メインヒロインに付きまとうレズのサブヒロインが主人公に「お姉さまに近づくのはおやめなさい!」』

悪いが、お前に指図される理由はない。

外側からしゃしゃり出てくる他人様ほど迷惑なものはないのである
それがたとえサブヒロインであろうとも、迷惑なだけである
まあ、どうせこういうタイプは主人公にベタ惚れして三角関係へと発展するのが関の山である


6、『わけわからんうちに、いつの間にかクズ主人公に惚れている』
特殊パターンの一例
ヒロインの前に、主人公があまりにもクズすぎて
そいつに惚れたヒロインさえも魅力が損なわれる状態
某なんちゃらクラウンの歌姫あたりが最近では筆頭



他にも、他の男になびいたり、味方を裏切ったり、主人公を嫉妬のあまり殺したり
なかなか質の悪いヒドイン達は数多くいる

ただ、1つだけ言いたいのは、この記事はディスり記事というだけではないとということ
今回上げた要素は上手く調理すれば超魅力的なヒロインへと昇華する可能性を秘めているからだ

基本的にキャラクターの魅力はギャップであり
底辺から頂点への跳ね上がりが綺麗に決まることがベストなのだと思う
その最底辺の状態が、ヒドインの状態のこと
その跳ね上がりにきっちりと理由付けをできないと超展開となる

ただ、ヒドイン状態のまま完結にたどり着く場合も多く
そういう場合は本当にどうしようもない


個人的には3、『上っ面な正論しか言わない』は
その正論をぶっ壊されて、ドン底に落ちたヒロインが再び蘇る
さらには絶望した主人公をその正論で救ってしまう、という流れが生まれやすいので結構好きではある(プラネテスの田名部とか

まあ、そこにいたるまでウザいのは確かなんだけど


ヒロインはブヒるためには必須な要素
不快なヒロインでも我慢するから
できるだけ、最終的には魅力的にしてもらいですね

おわり