読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

積読バベルのふもとから

日々積み上がる積読本に挑むラノベ読者の雑記

ラノベPVが持つ、新たな宣伝形式についてのエトセトラ

ステマという言葉が昨今たいへん流行っていますが
誰でも知っている通り、宣伝というものは非情に大切なモノなわけです
宣伝が上手ければ糞つまらないものについつい手が伸びたり (あるよねー
逆に宣伝が下手くそなら、面白いものも手に取れなかったり (MOTTAINAI!!!よねー

買うか買わないか、買わせるか買わせられないか

そんな弱肉強食的な世界の決定的な一歩を決めるのが宣伝!!


そんなわけで、今回はライトノベルの宣伝方法について色々と考えてみます。
唐突? 知るか! 
記事の導入部ってよくわからないんじゃ! ナチュラルにいかないんじゃ!

最近?増え始めているっぽい『ライトノベルPV』を取り上げる!


インターネットが普及したおかげで、わざわざ糞高い金かけてテレビでCMなんぞ使わなくても
映像系の宣伝ができるようになったんですよね(普通にTVで流れる時もありますが
科学の力ってすげー!!

その波がライトノベルにも来ているようで
各作品ごとでPVのなんかが作られて、WWWを駆け巡っているわけですよ!まあ、いつ頃から始まったかは定かではないんですが
もしすごい前から始まってたら俺の赤面がマッハ


gdgd妖精sばりにgdgd言ってないで、早速いくつかラノベPVを見てみましょう!
一つ目は富士見ファンタジア文庫から『東京レイヴンズ』!!



さらに富士見ファンタジア文庫より
神さまのいない日曜日 』!!


ぶっちゃけレベル高えええええええ!!!

素材はかなり少ないはずなのに……
ま、まて、まだあわあわあわわわわ……



続いて、ガガガ文庫より『とある飛空士への恋歌 』!!!


いやいや、クオリティ高すぎでしょうよ
声優さんまで付けちゃってるし……恐ろしい……



最後にもう一つ見てみましょう!

今度は少し特殊な形になりますが『創芸社クリア文庫』創刊記念PVです!!
こちらは『1月16日発売』刊行予定の(ステマじゃないよっ!

『RAIL WARS!-日本國有鉄道公安隊-』
『アクエリアンエイジ フラグメンツ』

二作品が一つの動画で見れます。


部分的にアニメになってますが……
物凄い力の入れ具合だ……
つか、バーニア600さんマジで最高(ry



と、色々と紹介しましたが
これらはほんの一部!

他にもスマッシュ文庫やMF文庫Jなど、様々なレーベルがライトノベルのPVを作り、宣伝のために使っている!! いい時代だ!




……えー、それで、ここからが本題です
ところでこの記事をここまで読んだ根気強い人の中で

どれくらいがこのPVを見てるのでしょうか?
(YouTubeの再生回数じゃイマイチわからん)

というか、どれくらいがPVの存在を知っていたのでしょうか?
ちなみに、ラノベオタクを自称しているワタクシは部分的にしかシリマセンデシタ


そもそも、このPV群
大部分が公式サイト(もしくはYouTube)からしか見れないという……
一体どれくらいの人間が、こまめにサイトを検索して、わざわざ検索をかけて
公式サイトのわかりづらい位置にあるリンクを踏んでPVを見るのか?

正直、PV一つ一つのデキがいいだけにMOTTAINAI!!

このPVを見ると、購買意欲が格段に上がるのは自分だけでしょうか?
これが本屋の新刊平台にある薄型テレビで流れてみなさいな
買うわ! レジに行っちゃうわ!

本屋で流せないにしても
もう少しこの素晴らしいPVををエンドユーザーに届ける術を考えたほうがいいのでは?

Twitterの知り合いの方が言っていたのですが
最近『パパ聞き』のSSを公式で掲載している『アキバBlog』さんで流してもらえば?
という意見もありました。
アクセス数の多いサイトに頼むというのはかなり効果的だと思います。

他にも、ブログパーツとして使えるようにしてくれれば
色々なラノベサイトさんがお気に入りPVをサイトに鎮座させることもありえるかもしれませんね。
個人的には電子書籍のプラットフォームが完成した時に
PVの力が発揮されるのではないかなぁ……と考えています。


コストパフォーマンスがわからない、宣伝効果があるかわからない
ひと月の発売数が多いためPVをすべて作るのは不可能、素材も少ない
PVを作るか作らないによって格差が生じるなどなど、様々な壁はありますが


俺はPV見てラノベ買いたくなっちゃったからね!


みなさんも、一度ラノベPVを探してみてはどうでしょうか?

意外とPVを見ると、購買意欲を掻き立てられるかもしれませんよっ!



おわり